光村推古書院

既刊案内

京都の風景

京都・紅葉―カメラを持って京都へ行こう

京都・紅葉―カメラを持って京都へ行こう

本体価格1,600円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総96頁
ISBN978-4-8381-0274-7 (2000)
品切れ

紅葉の映える場所の多い京都。多くのカメラマンが美しい紅葉の写真を撮るために押し寄せる。本書はプロの写真家の撮影した位置や、機材のデータを詳しく掲載しており、撮影地の情報とともに総合的な撮影ガイドとなる。

京・美山周辺の四季

京・美山周辺の四季

本体価格1,200円+税

(写真)水中聰一朗
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0272-3 (2000)

美山町は、その名のとおり美しい山里に茅葺きの集落が点在しており、日本の原風景ともいうべき懐かしい景色が広がっている。この美山を中心に、その周辺の山河が織りなす四季折々の表情が美しい写真で綴る。

京菓子歳時記

京菓子歳時記

本体価格1,400円+税

(写真/文)宮野正喜
体裁/B5変 総72頁
ISBN978-4-8381-0258-7 (1999)
品切れ

京菓子は千二百年にわたる京都の歴史を内包し、季節のうつろいをかたちに変えた甘美な悦びを伝える和文化の結晶。京都を代表する「京菓子司・末富」が和菓子の数々を謹製し、日本の四季折々の行事や営みとともに紹介する。

京さくら

京さくら

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0244-0 (1999)
品切れ

京洛と周辺の、満開の桜の写真が満載。美しい京都の桜は、昔から人々を魅了し、多くの文学作品に影響を与えてきた。本書は文学などの舞台となった桜の名所を紹介する写真集。

京都夏物語

京都夏物語

本体価格1,000円+税

(写真)中田昭
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0236-5 (1999)
品切れ

太閤秀吉に愛された古都の桜、ひと月にわたる祇園祭の熱気と共に到来する夏、源氏物語をはじめさまざまな文学を彩った紅葉、清々しい正月飾りに装いを変えた底冷えの京の冬。華やかに明けそして慌ただしく暮れていく京都の一年を四季ごとに綴り、歳時と共に紹介するシリーズ。

京の季語 秋

京の季語 秋

本体価格1,000円+税

(写真/文)坪内稔典
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0224-2 (1999)

平安時代から「季語」の意識は京都の貴族たちによって確立し、いろいろな分野で、季節感に富んだ美の世界が作られてきた。京都らしい季語を「春」、「夏」、「秋」、「冬」、「新年」に分け精選し、それらを通して季語の誕生の地というべき「京都」を季節感あふれる写真と俳句によって伝えようとするシリーズ。

京の季語 新年

京の季語 新年

本体価格1,000円+税

(写真/文)坪内稔典
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0226-6 (1999)

平安時代から「季語」の意識は京都の貴族たちによって確立し、いろいろな分野で、季節感に富んだ美の世界が作られてきた。京都らしい季語を「春」、「夏」、「秋」、「冬」、「新年」に分け精選し、それらを通して季語の誕生の地というべき「京都」を季節感あふれる写真と俳句によって伝えようとするシリーズ。

京の季語 冬

京の季語 冬

本体価格1,000円+税

(写真/文)坪内稔典
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0225-9 (1999)

平安時代から「季語」の意識は京都の貴族たちによって確立し、いろいろな分野で、季節感に富んだ美の世界が作られてきた。京都らしい季語を「春」、「夏」、「秋」、「冬」、「新年」に分け精選し、それらを通して季語の誕生の地というべき「京都」を季節感あふれる写真と俳句によって伝えようとするシリーズ。

NO IMAGE

京を織る

本体価格1,200円+税

(写真/文)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0247-1 (1999)

西陣織は京都を代表する工芸品。京都の四季の移ろいを、華麗な歴史や優美な年中行事とともにデザイン化し織り込んだ高級絹織物の数々。西陣織の美の極致である帯を通して見る京都の、伝統の美を凝縮した写真集。

The Courtyard Gardens of Kyoto

The Courtyard Gardens of Kyoto

本体価格1,500円+税

(Photo Text)Mizuno Katsuhiko
体裁/B5変 総72頁
ISBN978-4-8381-0253-2 (1999)

『京の坪庭』の英文版。

NO IMAGE

京都歌景色

本体価格1,000円+税

(写真/文)田中保子
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0222-8 (1998)

京都は平安の昔から多くの歌に詠まれてきた。京都を舞台とした近代の短歌を中心に、歌人の田中保子が、34人の作家による89首を紹介する。風趣あふれる短歌と合わせた美しい京都の写真が、歌の舞台となった情景をいっそうひき立てる。

京都冬物語

京都冬物語

本体価格1,000円+税

(写真/文)中田昭
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0243-3 (1998)
品切れ

太閤秀吉に愛された古都の桜、ひと月にわたる祇園祭の熱気と共に到来する夏、源氏物語をはじめさまざまな文学を彩った紅葉、清々しい正月飾りに装いを変えた底冷えの京の冬。華やかに明けそして慌ただしく暮れていく京都の一年を四季ごとに綴り、歳時と共に紹介するシリーズ。

京の季語 夏

京の季語 夏

本体価格1,000円+税

(写真/文)坪内稔典
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0223-5 (1998)

平安時代から「季語」の意識は京都の貴族たちによって確立し、いろいろな分野で、季節感に富んだ美の世界が作られてきた。京都らしい季語を「春」、「夏」、「秋」、「冬」、「新年」に分け精選し、それらを通して季語の誕生の地というべき「京都」を季節感あふれる写真と俳句によって伝えようとするシリーズ。

京の季語 春

京の季語 春

本体価格1,000円+税

(写真/文)坪内稔典
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0220-4 (1998)

平安時代から「季語」の意識は京都の貴族たちによって確立し、いろいろな分野で、季節感に富んだ美の世界が作られてきた。京都らしい季語を「春」、「夏」、「秋」、「冬」、「新年」に分け精選し、それらを通して季語の誕生の地というべき「京都」を季節感あふれる写真と俳句によって伝えようとするシリーズ。

京の料理(二)老舗歳時記

京の料理(二)老舗歳時記

本体価格1,000円+税

(写真/文)二村春臣
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0214-3 (1998)

平安王朝の大饗料理に始まる千年の味わいは、禅宗寺院の厳しい料理様式として完成された精進料理、茶の湯に伴って興った懐石料理などに養われ今日に伝わっている。伝統的な京料理を1~6月までの季節ごとに追い、歳時記として紹介する『京の料理一』。7~12月を掲載する『京の料理二』。京都という風土にたゆみなく磨かれ、美しく移ろう四季の中で育まれてきた本物の京の料理の数々を堪能できる写真集。

北山杉

北山杉

本体価格1,000円+税

(写真)山本建三
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0206-8 (1997)

銘木としてその名を全国に知らしめる北山杉。京都の北山周辺に広く植栽されており、真っ直ぐに伸びた杉が、幾何学的な美しさで整然と立ち並ぶ姿は圧巻である。四季折々に表情の異なる北山杉の厳しく、雄大な姿を追った。

京都雨景

京都雨景

本体価格1,000円+税

(写真)水野克比古
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0196-2 (1997)
品切れ

京都には雨がよく似合う。社寺や参道に降る雨、町家や石畳に降る雨…。桜や紅葉はより鮮やかに色づき、京を囲む山々は白く霞み幽玄な世界をかもし出す。雨音が心に響いてくるような、京都の雨の景色をとらえた情緒あふれる写真集。

京の新緑

京の新緑

本体価格1,000円+税

(写真)山本建三
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0193-1 (1997)
品切れ

風薫る五月、やわらかな若葉は洛中洛外の名所を鮮やかに彩る。生命力あふれる樹々の姿は、古都の落ち着いた景観の中でひときわみずみずしさを放つ。春と夏のはざまの美しい新緑の季節を満喫できる写真集。

京都の魅力1 洛西

京都の魅力1 洛西

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/ 総60頁
ISBN978-4-8381-0188-7 (1997)

西陣の家並み、鴨川の流れ、東山の古寺、北山杉の峠道、嵯峨野の石仏、伏見の水景など、山紫水明の京都には、鮮やかに印象に残る風景が広がる。古都・京都の魅力を四季折々の美しい写真の数々で訪ねる全5巻のシリーズ。

京都の魅力2 洛東

京都の魅力2 洛東

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/ 総60頁
ISBN978-4-8381-0189-4 (1997)

西陣の家並み、鴨川の流れ、東山の古寺、北山杉の峠道、嵯峨野の石仏、伏見の水景など、山紫水明の京都には、鮮やかに印象に残る風景が広がる。古都・京都の魅力を四季折々の美しい写真の数々で訪ねる全5巻のシリーズ。

京都の魅力3 洛中

京都の魅力3 洛中

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0190-0 (1997)

西陣の家並み、鴨川の流れ、東山の古寺、北山杉の峠道、嵯峨野の石仏、伏見の水景など、山紫水明の京都には、鮮やかに印象に残る風景が広がる。古都・京都の魅力を四季折々の美しい写真の数々で訪ねる全5巻のシリーズ。

京都の魅力4 洛北

京都の魅力4 洛北

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0191-7 (1997)

西陣の家並み、鴨川の流れ、東山の古寺、北山杉の峠道、嵯峨野の石仏、伏見の水景など、山紫水明の京都には、鮮やかに印象に残る風景が広がる。古都・京都の魅力を四季折々の美しい写真の数々で訪ねる全5巻のシリーズ。

京都の魅力5 洛南

京都の魅力5 洛南

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0192-4 (1997)

西陣の家並み、鴨川の流れ、東山の古寺、北山杉の峠道、嵯峨野の石仏、伏見の水景など、山紫水明の京都には、鮮やかに印象に残る風景が広がる。古都・京都の魅力を四季折々の美しい写真の数々で訪ねる全5巻のシリーズ。

京都 先斗町

京都 先斗町

本体価格1,000円+税

(写真)溝縁ひろし
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0207-5 (1997)

鴨川と木屋町通にはさまれた先斗町通。芸妓、舞妓が通り、お茶屋がたたずむ京都の伝統的な花街としての顔と、若者たちが集う飲食店の現代的な雰囲気が混ざり合った先斗町ならではの情緒を感じさせる写真集。

京都水景色

京都水景色

本体価格1,000円+税

(写真)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0194-8 (1997)

京都は水にゆかりが深い。周辺の山々から流れ出る清流は街をうるおし、京の人々の暮らしに深く関わっている。優雅な曲水の宴、貴船や鴨川の納涼川床、夏の始まりのみそぎの神事。また伝説に彩られた名水の数々を写真で紹介。

京の色

京の色

本体価格1,000円+税

(写真/文)橋本健次
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0182-5 (1997)

夏は蒸し暑く冬は底冷えのする京都は、四季の移り変わりの鮮烈な美しさに恵まれた。王朝の時代から草木花の彩りを衣や歌に映しとり、数多くの色名や色の配色が京都で生まれた。今に息づく京の色を美しい写真で綴る。

京の竹

京の竹

本体価格1,000円+税

(写真)山本建三
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0183-2 (1997)
品切れ

嵯峨野から大山崎まで約12kmに渡る西山丘陵は、竹林が連なり、竹は京都の景観に欠かせない風景となっている。竹取の翁がかぐや姫を見つけたのもこのような竹林であったのかもしれない、と思わせる美しい竹林の姿を紹介。

京の花 夏

京の花 夏

本体価格1,000円+税

(写真)水野克比古
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0195-5 (1997)

京に咲く花を紹介するシリーズ。野辺をうるおし、川辺を彩り、すべてを淡色に萌えたたせる可憐な春の花。新緑の葉陰を過ぎる爽やかな風。強い日射しをうけて咲き誇る鮮やかな花色。庭を彩り、野山を染め、空に映える夏の花。秋から冬にかけ、透き通った風が野の花をゆらいしていく。一色一色に哀愁の香をしのばせて咲く京洛の花。季節に分けて、『京の花 春』『京の花 夏』『京の花 秋冬』の3冊のシリーズで紹介する。

京の花 春

京の花 春

本体価格1,000円+税

(写真)水野克比古
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0181-8 (1997)

京に咲く花を紹介するシリーズ。野辺をうるおし、川辺を彩り、すべてを淡色に萌えたたせる可憐な春の花。新緑の葉陰を過ぎる爽やかな風。強い日射しをうけて咲き誇る鮮やかな花色。庭を彩り、野山を染め、空に映える夏の花。秋から冬にかけ、透き通った風が野の花をゆらいしていく。一色一色に哀愁の香をしのばせて咲く京洛の花。季節に分けて、『京の花 春』『京の花 夏』『京の花 秋冬』の3冊のシリーズで紹介する。

NO IMAGE

京町家

本体価格1,000円+税

(写真/文)神崎順一
体裁/B5変 総60頁
ISBN978-4-8381-0216-7 (1997)
品切れ

京町家といえば「うなぎの寝床」。宅地の間口が狭く、奥行きが長いことからこう呼ばれる。洛中洛外図にも描かれた古都の風情を今に伝える町家。そこには洗練された日本人の美学、暮らしの知恵が息づいている。

このページの先頭へ