光村推古書院

新刊案内

京都手帖2021

  • 京都手帖2021
  • 京都手帖2021
  • 京都手帖2021
  • 京都手帖2021
  • 京都手帖2021
  • 京都手帖2021

京都手帖2021

本体価格1,500円+税

(編-/編-)光村推古書院編集部
体裁/B6判-224頁 ビニールカバー巻(ポケット付) B6判-224頁 ビニールカバー巻(ポケット付)
ISBN978-4-8381-0606-6 (2020.9)

京都の情報が満載!
2021年のスケジュール帳が今年もできました!

『京都手帖』とは…
○京都で開催予定の行事を週間カレンダーに掲載
→今日どこで何があるか一目瞭然!

○旬の京都を凝縮した、毎月のコラムページ
→編集部おススメのお菓子を毎月掲載!
○表紙とマンスリーカレンダーには、京都の木版印刷技術を継承する「竹笹堂」の木版画を使用
→毎年、京都手帖のためにデザインから制作しています!
○ビニールカバー内の表紙はリバーシブル
→竹笹堂の木版画デザインと、男性でも持ちやすいシンプルな柄との表裏
○月間カレンダーは月曜始まり
→行事は土日に開催されることが多く、土日を含めて京都旅行に来られる方も多いので、月曜始まりにしています。

○年間スケジュールページ、あります
○旧暦・二十四節気・月の満ち欠けなども掲載
○巻末の地図も充実
→京都市広域MAP、京都の観光MAPと鉄道路線図、バス路線図、お得きっぷ情報など。
○葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAPあります
○京都の社寺の拝観データ、350軒以上掲載。その他、文化施設なども掲載
○フリーで使えるメモページは50ページ以上!
○切り離せるミシン目入りのメモページ、あります
○開いたページがぱらぱら閉じてこない仕様で、書き込みやすい!
○ビニールカバーには大きなポケット付!
→チケットなどを入れるのに便利です

お知らせ2020.09

【重要】『京都手帖2021 京都限定版(あられ)』表紙折れのお詫びと交換のお知らせ

いつも『京都手帖』をご愛用いただきありがとうございます。
この度、出荷作業中に『京都手帖2021 京都限定版(あられ)』のビニールカバー内の表紙が折れている状態のものがございました。至急、検品をいたしましたが、約300冊がすでに出荷された後でした。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご購入されたお客様におかれましては、表紙にシワや折れがないかをご確認くださいませ。
シワや折れが見受けられました場合は、弊社より新しい表紙を郵送させていただきます。
この度はご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう、制作者一同気を引き締めて取り組んで参ります。何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。

入江泰吉の詩情世界 万葉大和路

  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路
  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路
  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路
  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路
  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路
  • 入江泰吉の詩情世界 万葉大和路

入江泰吉の詩情世界 万葉大和路

本体価格2,800円+税

(写真)入江泰吉・入江泰吉記念奈良市写真美術館
体裁/ 163㎜×121㎜ 288頁
ISBN978-4-8381-0603-5 (2020.9)

1992年に亡くなってなお、奈良の写真家として絶大な人気を誇る入江泰吉。
彼が生涯をかけて奈良の撮影に取り組んだのは
その風景に万葉びとの思いを感じ取ったからにほかなりません。

本書では、入江泰吉が撮影した写真と、万葉歌126首を掲載。
郷愁誘う美しい奈良の風景とともに、万葉集の世界を堪能できます。
文字だけでは読み解きにくい万葉歌ですが、
写真と組み合わせることでより身近に感じることができます。
それぞれの歌に現代語訳も掲載。
英訳もあるので外国人の方にもおすすめです。
読み進める順番に決まりはありません。
好きな写真、好きな歌、どのページから開いてもかまいません。
「万葉集って難しそう」と思っている方にこそ読んでほしい一冊です。

自然を美しいと感じる心、誰かをいとおしく思う気持ちや、
大切な人を亡くした悲しみなど
万葉集に詠まれた人々の心のうちは、現代人にも共通する、普遍的な感情です。
古都の情景を思い浮かべながら
現代を生きるわたしたちの心にもフィットするフレーズを探してみませんか。

京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

本体価格2,300円+税

(編-/編-)京都市美術館
体裁/B5変 232頁
ISBN978-4-8381-0598-4 (2020.5)

1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。

江戸後期の京都では、伊藤若冲や曽我蕭白をはじめ、文人画家の与謝蕪村や池大雅、円山派の始祖・円山応挙、四条派の始祖・呉春、応挙の弟子であった長沢芦雪が活躍していました。

その後の幕末から明治にかけて、新しい時代を迎えた京都の美術・工芸の発展を回顧します。



当初予定していた「京都の美術 250年の夢 第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」の図録。

※新型コロナウィルスの影響により、開催中止となりました。

第1部から第3部の3部構成としていた展示構成を変更し、各部で展示を予定していた作品の一部を、総集編として展示します(開催日調整中)。

京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

  • 京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

京都市美術館「第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

本体価格2,300円+税

(編-/編-)京都市美術館
体裁/B5変 248頁
ISBN978-4-8381-0599-1 (2020.10)

1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。

2020年3月のリニューアルオープンに合わせた大規模店の予定であったが、
新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、第1部から第3部の3部構成としていた展示構成を変更し、
各部で展示を予定していた作品の一部を、総集編としてまとめて展示。
本来の展覧会の全貌は図録でしか見ることができない。

第2 部は「明治から昭和へ:京都画壇の隆盛」と題して、
東京画壇に対抗して竹内栖鳳を中心に形成された京都画壇の日本画、
帝展の美術工芸部門の新設によって刺激を受けた工芸界、
浅井忠による関西美術院の創設からはじまる洋画壇など、
「京都の美術」の近代化の多彩な展開。

京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

  • 京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
  • 京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

京都市美術館「第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

本体価格1,800円+税

(編-/編-)京都市美術館
体裁/B5変 168頁
ISBN978-4-8381-0600-4 (2020.10)

1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。
2020年3月のリニューアルオープンに合わせた大規模店の予定であったが、
新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、第1部から第3部の3部構成としていた展示構成を変更し、
各部で展示を予定していた作品の一部を、総集編としてまとめて展示。
本来の展覧会の全貌は図録でしか見ることができない。

第3 部は「戦後から現代へ:未来への挑戦」と題して、
敗戦による価値観の転換によって、日本画や工芸などの伝統美術が問い直されるなかで、
新しい世代による革新的な運動がはじまる戦後の動向から、
1960年代以降の海外の美術の影響によって現代美術が登場して、新しい世紀を迎えた現在まで、
多様多彩な展開を見せる「京都の美術」を回顧。

あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー

  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー
  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー
  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー
  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー
  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー
  • あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー

あした、ハーブを植えよう ―植物のチカラで家族を守るー

本体価格1,600円+税

山本真理
体裁/A5判-128頁 A5判-128頁
ISBN978-4-8381-0604-2 (2020.7)

ハーブは使いこなすコツさえ覚えれば、お茶や香辛料だけでなく、ちょっとした体の不調の改善、美肌づくり、おそうじにも役立つ万能な存在です。
それどころか、現代の医薬品も、その昔、ハーブや薬草から有効成分を取り出して合成したのがはじまりでした。
生きている限りは、「何か」に頼りたくなるときがあり、一方で「何か」がなくて困るときもあります。
この本が皆さんの" 何か" となって、
目の前の植物をさまざまに使いこなしていく「応用力」、
ひとつの植物が人の体に何らかの影響を及ぼすことへの「考察力」、
そこからの「予測力」を身につけていただけたらうれしく思います。

植物が育つプランタや畑は、小さなひとつの生態系です。
土の中では微生物が働き、花には虫や蝶がやってきます。
わたしは、健気に育つ姿から植物の強さ、美しさを知り、自然や地球環境について思いを馳せるきっかけにもなりました。
「育てる」と「使う」の間には、育てた人にしかわからないたくさんの気づきや発見、喜びがあります。
ぜひ、その楽しみを感じてみてください。

七十二候を味わう京料理

  • 七十二候を味わう京料理
  • 七十二候を味わう京料理
  • 七十二候を味わう京料理
  • 七十二候を味わう京料理
  • 七十二候を味わう京料理

七十二候を味わう京料理

本体価格3,200円+税

(著)飯田 知史
体裁/A5判-256頁 A5判-256頁
ISBN978-4-8381-0589-2 (2020.7)

京都で380年の歴史を持つ「京料理 道楽」。
十四代目の飯田知史による京料理の粋を
季節のうつろいとともに美しい料理の写真でつづる。

日本には四季があり、四季は食材に旬を与える。
本書では、七十二候のおおよその日付と説明と
その季節に旬をむかえる食材を最適な調理法で紹介した。
著者の食材の豊富な知識、その取り扱い方、
道楽に伝わる京料理の歴史が垣間見える。

ふだん店では出さない「褻(け)のおまわり」も掲載。
「褻」とは日常のこと、
「おまわり」とはごはんのおかずのこと。
京都で食べられる代表的なおまわりを9品取り上げた。
また、ひと月のうちで何日に食べるものなのか、
なぜそれを食べるのか、など
京都の家庭料理に込められた思いとは?

江戸時代から続く道楽だからこそ作ることのできる
季節の伝承菓子も十二ヵ月分掲載。
初夏の水無月はもちろん、
初春の粟ぜんざいや、秋の柿ようかんなど。

また、道楽の美意識はうつわにもあらわれている。
樂や永楽、北大路魯山人、オールドバカラなど。
多彩なうつわが料理を引き立てる。
写真ごと、うつわの名前と作家名も掲載。

英文併記。

御菓子司 聚洸の源氏物語

  • 御菓子司 聚洸の源氏物語
  • 御菓子司 聚洸の源氏物語
  • 御菓子司 聚洸の源氏物語
  • 御菓子司 聚洸の源氏物語
  • 御菓子司 聚洸の源氏物語
  • 御菓子司 聚洸の源氏物語

御菓子司 聚洸の源氏物語

本体価格2,800円+税

(著)梶裕子・高家裕典・福嶋昭治
体裁/B5変 128頁
ISBN978-4-8381-0605-9 (2020.5)

著者の梶裕子が月に一度開く、源氏物語の勉強会「紫香の集い」。
その会は出席者への呈茶からはじまる。
毎回、勉強する『源氏物語』の内容に応じて、
梶裕子と、御菓子司「聚洸」とで創意工夫した主菓子がお茶とともに供されている。

この会だけのためにつくられた和菓子が
「うつわやあ花音」の主人である梶裕子により
どんなうつわをあわせ、どのように盛るのか

本書では、「紫香の集い」で供された和菓子とうつわを記録。
『源氏物語』を知らなくても楽しめるよう、簡単な解説付き。
うつわと和菓子と源氏物語。
ありそうでなかった組み合わせの妙をお楽しみください。

このページの先頭へ